COPYRIGHT © NAGANO NISSAN ALL RIGHTS RESERVED.
仕事内容を知る

先輩社員インタビュー

フレンドリースタッフ(事務)

長野日産自動車 フレンドリースタッフ

Q.入社のきっかけは?

A.学生時代はカフェでアルバイトをした経験から、接客業と事務の両方ができる仕事を探していました。会社説明会で長野日産の社員の方がとてもイキイキしていて私もこんな感じで働きたいと思い応募しました。車のことは全然知らないので、入社前になってとても不安になってしまいましたが、入社後は頼れる先輩に一つずつ教えて頂いて、少しずつですが身についてきたと思っています。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.フレンドリースタッフの仕事は、「接客」と「事務」です。この事務の仕事のひとつに、購入して頂いたお客様の車に新しいナンバーを申請する仕事があります。いわゆる「登録」と呼ばれる仕事なのですが、この登録の仕事にとてもやりがいを感じます。きちんと申請が完了し新しいナンバーが届くと、「いよいよお客様に新しい車が納車されるんだなぁ」「新しい車に乗って笑顔で帰られるのかなぁ」と想像すると私も嬉しくなり、とても仕事の励みになっています。

納車の瞬間は、何度見ても嬉しいです!

Q.長野日産自動車に入社して良かったことはありますか?

A.いつでも親身になって話を聞いてくれる先輩がいることが心強いです。教育担当の先輩が、入社当時の私の判らないこと不安なことに、とことん付き合って話を聞いてくれました。お店にはフレンドリースタッフが1人なのでとても不安でしたが、判らないことがあると電話や直接会って何度でも根気よく教えてもらいサポートしてもらえました。

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.入社して数年経ちもう新入社員ではないので、これからは新しいことにチャレンジしたいです。車の知識をもっと覚えて接客の幅を広げたいです。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.世の中には色々な仕事があるので、就職活動は最初からひとつの業種に絞らずに色々な会社を見てみると良いと思います。私は車のことは全然知らなかったですが、車業界に挑戦してとても良かったと思っています。車はとても高い買い物なので、お客様はとてもワクワクしています。そんなお客様を見ていると心の底から「おめでとうございます!」と思える良い仕事です。

日産サティオ松本 フレンドリースタッフ

Q.入社のきっかけは?

A.もともと車が好きで、小さいころ、一番最初に好きになった車が日産車だったので日産に決めました。長野日産自動車に入社したいと思ったきっかけになったのが、大学3年生の夏に参加したインターンシップでした。3日間、私の指導をしてくれた営業のお姉さんに憧れて、私もここで一緒に働きたいと強く思いました。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.一つ目は、レジ締めの作業でお金がぴったり合った時です。お金を扱うのは未だに緊張しますが、ぴったり合うのは嬉しいです。二つ目は、手元にナンバーが届いた時です。営業さんと協力してこのナンバーが届いたんだと思うと、とてもやりがいを感じます。そして、納車の時にお客様に喜んでいただけると、さらに嬉しいです。

サポートが手厚く、定期的なオンライン研修も励みになります!

Q.長野日産自動車に入社して良かったことはありますか?

A.入社後のサポートが手厚いことです。私が入社した年は、ちょうどコロナウイルスの影響で全体でまとまった研修が取れず、すぐに拠点配属になりましたが、分からないことがあればすぐ本社に相談できたり、フレンド制度があるおかげで、悩みごとなども気軽に相談できる環境がとても良いなと感じました。また、入社してから一年間ほどは、定期的にオンライン研修を実施してくれたので、なかなか会えない同期の顔を見ることができて励みになりました。

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.入社した時からお世話になっている、先輩フレンドリースタッフのようになることです。分からないことを聞けば、的確に分かりやすく教えてくれます。私もそんな先輩方のように頼られるフレンドリースタッフになりたいです。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.世の中にはたくさんの会社があるので、自分に合った仕事を見つけるのは本当に大変だと思いますが、自分が本当にやりたいこと、挑戦したいことを大切に、ここがいいと感じられる会社に出会えるように頑張ってください。